MENU

福祉住環境コーディネイター

介護の現場で働く事の出来る資格の最後は『福祉住環境コーディネイター』です。

 

福祉住環境コーディネイターとは、あまり聞いた事のない方もいらっしゃるかもしれませんね。この福祉住環境コーディネイターという資格は1990年に東京商工会議所が認定した資格で、創設されてまだあまり時間の経っていない新しい資格になります。

 

また福祉住環境コーディネイターとは、前述の通り東京商工会議所が認定している民間資格になりますが、東京商工会議所が認定している資格の中には公的資格ですが『英検』や『日商簿記』があり、資格の認定団体としては不足のない団体になります。

 

それに福祉住環境コーディネイターの仕事として、体の自由の利かなくなった高齢者や障害を持っている方の住みやすい家を作るために、リフォームの相談や設計などを福祉の専門家の意見を聞きながら住宅の整備の為のプランを立てていくという事が主な仕事になりますので、これからの高齢化社会に向けてとても役に立つ資格であると言えます。

 

更に福祉住環境コーディネイターの勤務先としては、介護施設や福祉施設、建築会社やリフォーム会社など幅広くその知識を役立てることの出来る場所も数多くあります。

 

ではその福祉住環境コーディネイターの主な仕事ですが、まず上で書いたように『体の不自由な方でも住みやすい家のプラン作り』があります。

 

そして住みやすい家にした際にかかった福祉用具の費用に対してある補助金の制度の紹介や、改築した後の施工チェックやその後の住環境の調査など、個人宅に関するお仕事の中だけでも山ほどあります。

 

そしてそれ以外にも昨今商業ビルや公共施設もバリアフリー化が進んでいますし、その際の改築や新規の建築にも福祉住環境コーディネイターの知識は必要になります。

 

福祉住環境コーディネイターとは高齢者などの体の自由の利かない方や、ハンディキャップを持っている方が生活をしやすい住環境を整える事が基本的な仕事ですので、自分の仕事で人のお役に立つ事のできるとってもやりがいのある仕事なのです。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。