MENU

社会福祉士

介護の現場で働く事の出来る資格、第5段『社会福祉士』です。

 

社会福祉士とは昭和62年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法により認定された国家資格になります。

 

今までご紹介してきた資格は『介護』を主とする職業に就く際の資格でしたが、社会福祉士はそれとは少し違い、社会福祉に関する知識を持って生活上の悩みがある方の手助けをするのが主な仕事になります。

 

ですのでもちろん介護現場で働く際にもとても心強い資格なのですが、直接的に介護に携わるというよりかは介護サービスを受けている高齢者の方や、介護サービスを受けていないけれど日常生活を送る上での悩みや不都合があるという方の相談を聞いたり、その上で助言したりという縁の下の力持ちのような立場でいる場合が多いでしょうか。

 

また社会福祉士は高齢者や障害を持った方の為の施設で勤務するほか、児童相談所や行政の福祉施設など活躍の場は多数あります。

 

社会福祉士とは、社会の福祉サービスを必要としている人たちの為に助言したり、相談に乗ったり施設を指導したりする専門職ですので、その仕事内容は幅広く、勤務先によって仕事内容も変わります。

 

そして社会福祉士の主な仕事としては、上記で書いた福祉サービス利用者の相談を受けたりそれに対して助言したり、施設の指導以外に福祉などの関係施設との連携や施設の管理業務などがあります。

 

しかし社会福祉士はその業務内容が幅広いために、勤務先も多数あり勤務先によって主に受け持つ業務内容が変わり社会福祉士の仕事はこれ!という風に決まった業務はないようなもので『社会の福祉に関する相談や助言、その結果指導などを行う者』という言葉が一番的確に社会福祉士の仕事内容を表しています。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。