MENU

ケアワーカー

今回は介護現場で働く事の出来る資格第3段、『ケアワーカー』です。

 

以前介護現場で働く事の出来る資格には民間資格や国家資格などいろいろなものがあり、資格の数の多くのものがあるとお話しましたよね。今回お話しする『ケアワーカー』は国に認められた国家資格であり、福祉の現場で働く人材の中のエキスパートとも言える存在なのです。

 

ではそのケアワーカーですが、これもまた正式名称が他にあり、正式名称は『介護福祉士』といいます。

 

ケアワーカーは介護をする上での専門的な知識を取得し、介護サービスを受ける人によって違う身体の状態や、生活スタイル、持病に対応できるように育成された人材なのです。

 

ですので介護現場ではケアワーカーを求める声も多く、介護を一生の仕事にしたいと思っている方や、介護の道を究めたいとお思いの方でしたらケアワーカーの資格を取得しておくのをオススメします。

 

そしてケアワーカーのお仕事です。ケアワーカーの業務内容は、介護について専門的な知識を持って介護サービスを受ける人たちの身体的なお世話やお手伝い、日常生活の補助や精神的ケアまで幅広くあります。

 

また体の自由の利かない方の補助もするので、体を支える為の腕力や体力も必要な、過酷ですけれどやりがいは充分なお仕事になります。

 

介護現場で働くには前にも言いましたが無資格であったり、介護の現場で働いた経験がなかったりしても雇ってくれるところはあります。

 

ですが、ケアワーカーの資格を持っていると、働く際の資格手当や雇用の差などで優遇されているところもたくさんあります。

 

ですので介護の現場で働こうと思うのならば、頑張って資格取得してみると自分のためにも介護サービスを受ける相手のためにもなり、良い結果が待っていますよ。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。