MENU

ケアマネージャー

前回は介護施設で働く事の出来る資格として『ホームヘルパー』のお話をしましたが、今回は『ケアマネージャー』のお話です。

 

介護に携わるための資格は近年どんどん増えてきていて、国家資格のほかに民間資格もたくさんのものが出ています。そして今回お話するケアマネージャーは、国家資格ではなく民間資格でもない『任用資格』に値するものなのです。

 

任用資格とは、各都道府県知事が主体になって資格取得の為の試験を行うもので、合格し資格取得するとその資格の値する業務に任用されるための資格になります。

 

少しわかりにくいのでケアマネージャーで言うと、ケアマネージャーの資格を取得するとケアマネージメント業務に各都道府県から任用される任用資格、という事です。これでも少しわかりにくいかもしれませんね。

 

ではそのケアマネージャーの業務をお話しする前にケアマネージャーの正式名称をお話しますので、覚えておいて下さいね。ケアマネージャーの正式名称は『介護支援専門員』といい、資格取得の際もそう呼ばれます。

 

では本題に入り、ケアマネージャーの業務のお話です。まず主なケアマネージャーの業務として『介護が必要だと認められる際の認定における業務』です。

 

詳しく言いますと、介護サービスを受けるためにはサービスを受ける人が要介護であると認定されないといけません。その認定をして、介護認定を行政に申請する際の代行を行うのがケアマネージャーなのです。

 

また介護サービスを受けたい方が要介護認定された後の介護サービスのプラン作成や、作成したプランが適切に運用されているかなど、幅広い介護保険制度の中の中心的な仕事を受け持つのがケアマネージャーになるのです。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。