MENU

ホームヘルパー

介護の現場で働く際には、いろいろな資格が求められる場合が多くあります。

 

最近の介護現場では人材不足の所が多いため、資格や経験のない方でも就職できる施設も多くありますがそこで長く働こう、一生の仕事にしようと思うのならば仕事をしながらでも介護の資格取得は求めれます。

 

ではそんな介護に携わるための資格ですが、これはとても多くの数の資格があるのです。そして今回はその中でも特に認知度の高い資格である『ホームヘルパー』についてお話していこうと思います。

 

それ以外の資格については次回以降にお話していきますので、ホームヘルパー以外の資格について知りたい方は是非次回以降のお話にも目を通してみて下さいね。

 

では本題に入り、ホームヘルパーについてのお話です。

 

まずホームヘルパーとは、加齢や何らかの疾病・障害により日常生活を単独で過ごすのに支障のある高齢者や障害をもった方の日常生活でのお手伝いをする人のことを言います。

 

そして実はこのホームヘルパーという名称は通称であり、正式名称では『訪問介護員』といいます。

 

そのホームヘルパーの主な仕事としては、『サービスを利用する方たちが、自分ひとりの力ではできないことをお手伝いする』になり、勘違いされやすいのですがサービス利用者が『自分一人で出来る事』まで肩代わりする事は原則としてありません。

 

ホームヘルパーはあくまで生活の補助ですし、サービス利用者が自分で出来ることまでしてしまえば結果的に本人の労働意欲を削ぐことにもなり、本人の自立心を損なってしまう事にもなりかねません。

 

ですのでホームヘルパーを目指すのならば、本当に自分のしている事がこれからのサービス利用者の為になることなのかと、常に自分に問いかける姿勢でいる事が大事です。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。