MENU

常時介護が必要な場合のサービス

今までお話したサービスはどちらも自宅に居住しながら受けることの出来るサービスでしたね。ですが今回は自宅での介護が難しい、常時の介護が必要な高齢者や障害を持った方の為のサービスのお話をしようと思います。

 

まず高齢者の為の常時介護が必要なサービスとして、行政の管轄下にある『特別養護老人ホーム』があります。

 

この特別養護老人ホームは常時の介護が必要な寝たきりや認知症などの高齢者の方が、介護保険の制度を利用して入所し、居・食・住を過ごす施設になります。ですので介護保険を利用しているとしても利用料の自己負担はあり、施設の広さや部屋の設備によって利用料は変わります。

 

また利用者が多く満室の施設も多くあり、その場合運よく入所できたとしても入所に期限を設けられたりと利用者にとっては頭の痛い問題もあります。

 

次に有料老人ホームがあり、こちらは特別養護老人ホームと違い民間が運営しているところが多くあります。

 

ですので料金設定が運営企業によって様々で、月額の入居料を毎月支払う賃貸方式や、入所の際に入居一時金を支払い毎月の利用料を抑える利用権方式など様々です。

 

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いはその利用料金の差によるところが大きいのですが、有料老人ホームの場合料金は高いけれど施設を終身利用できるという利点もあり、利用する施設の判断基準は入居する方や家族の求める生活状況による所が大きくなります。

 

最後に障害を持った方向けの施設に『身体障害者療護施設』があります。

 

この施設は先天性の疾患や身体に何らかの障害があり、個人で日常生活をおくるのが困難な場合に入所する事の出来る施設になります。この施設も行政の管轄下にありますので、入所には居住地の地方自治体の福祉窓口に申請して認められてからになります。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。