MENU

ホームヘルプサービス

介護サービスのもう一つ、今回は『ホームヘルプサービス』のお話です。

 

ホームヘルプサービスとは字面でなんとなくお分かりかと思いますが、要介護の方の家に訪問して日常生活のいろいろなお手伝い、例えば入浴や食事の支度、排泄のお手伝いなどをホームヘルパーがするサービスです。

 

ホームヘルプサービスの特長としては、施設に入所するよりも自分の家で生活を続けたいと思っている方の気持ちに沿うことが出来るように、という配慮の元始められたサービスという事になります。

 

介護とは介護を受ける人が心身ともに穏やかに健やかに日常生活を送ることができるようにするためのお手伝いという目標があり、このホームヘルプサービスは体の自由が利かなくなったけれど住み慣れた自宅に住み続けたいと言う高齢者の気持ちを大事にしたサービスなのです。

 

またこのホームヘルプサービスにも障害のある方向けのサービスもあり、一般的には高齢者向けのサービスを指す言葉なのですが、高齢者向けのサービスと障害者向けのサービスでは多少の違いもあり意味を混同しないように気をつけないといけません。

 

ではホームヘルプサービスの利用方法のお話です。

 

ホームヘルプサービスを実施しているのはほとんどが行政で、その場合居住地域の自治体の福祉課に行って利用したい旨を伝え申込書の記入をするようになります。

 

またホームヘルプサービスの利用申請する際の窓口ですが、『高齢福祉課』に申請する場合と『障害福祉課』に申請する場合の2つの手段があります。

 

障害や要介護度の程度や違いによってどちらで申請したほうがいいかの違いがありますので、申請する際は事前に自分の住んでいる自治体の介護サービスの内容や利用方法をしっかり調べてから利用の申請をするようにしましょう。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。