MENU

病人介護

介護の種類、最後に書きますのが『病人介護』です。病人介護とは言葉の通り、病気のせいで日常生活を自分だけで送ることが困難な人の日々のお手伝いをすることになります。

 

ですのでその病気の内容によって介護内容も変わり、介護を受ける個人個人に合わせた柔軟性のある介護が必要になります。

 

また病人介護ですと、看護と区別がつきにくい面があり、その場合特に注意が必要です。医療行為は看護士や医師の免許が無いとできませんし、求められたからといってしてしまたら犯罪行為になってしまいます。

 

ですので病人介護の場合、その病気に合わせた医療も受けていることもあり介護人も気を引き締めて介護しなければなりません。もし介護を受ける方から医療行為を頼まれてしまった場合ははっきりと断る事が大事です。

 

ではその病人介護の内容ですが、これは今までお話した老人介護・障害者介護と基本的なところは同じで、日常生活を送る上でのお手伝いをする事が病人介護の内容になります。

 

ただ少し違うのが食事の介護です。病気の内容によっては食事制限があったり、食事の形状に気を使わなければならない事もあり、食事については事前に介護を受ける方の担当医からしっかり話を聞き、聞いた事を遵守しなければなりません。

 

病人介護ですと、自宅介護と病院での介護がありそのどちらも介護の内容はそう変わりはないのですが、病気の状態によって自宅の介護では経過の観察など、少々難しい面が出てきます。

 

しかし介護を受ける人によっては自宅で過ごすほうが幸せを感じられる方もいますので、介護を受ける方の気持ちを尊重しできるだけその気持ちに沿って介護していくのが介護人の役目なのです。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。