MENU

障害者介護

先程は老人介護のお話をしましたが、今回は障害者介護のお話です。

 

介護という言葉は始めは障害者介護を表す言葉として使われ始め、その意味が徐々に広がり老人介護であったり、病人介護であったりと、多岐に渡る意味を持ち始めました。

 

ですが意味は増えても根本的な内容は言葉が使われ始めたときから変わらず、今でも昔と同じ意味で使われています。

 

ではその中の『障害者介護』の内容のお話を始めます。まず障害者と一口に言っても、体の障害を持っている人なのか、体内の臓器や機能の障害を持っている人なのかで介護の役割も変わってきます。

 

まず体を動かす事に障害のある方の介護の場合では、自分で動かせない体の部分の補助や、できない事を少し手助けしてできる限り自分で出来るようお手伝いします

 

。次に体内の臓器や機能に障害を持っている方の場合ですが、この場合症状の程度によって寝たきりだったり、病院や施設に入所していたりするのでそういう場合ですと医療行為以外の日々のお世話になります。

 

具体的には入浴や排泄、食事のお手伝いなどです。最後に知的障害者の場合です。知的障害者の場合ですと、体は不自由なく動き、指示や言葉でのお手伝いがあれば自分のことは自分で出来る人も居て、そういう方の場合ですと本人とのコミュニケーションや言葉でのお手伝いなどの心の触れ合いが主になります。

 

障害者介護の場合も、要介護の度合いも人それぞれで『介護とはこういう事をするものだ』という決まりはありません。

 

ですので介護を受ける人の求めること、その人の為になるであろう事をする、というのが介護のあり方なのかもしれません。

 

ただ優しく何でもしてあげるだけでは介護を受ける人の為にならない事もあり、『この人のためにはどういう事をすべきか』という点が介護の一番難しいところなのかもしれません。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。