MENU

老人介護

介護というものの中にはいろいろな介護がありまして、その代表例が今回のタイトルである『老人介護』ではないかと思います。

 

ほとんどの方が介護と聞いて思い浮かべるのがこの老人介護でしょうし、ニュースなどでよく取り沙汰されている『介護』の場合も老人介護を指す場合が多いです。

 

ではその介護ですが、具体的にどういう事をするのでしょう?なんとなく日々のお世話や手助けをするというイメージですが、老人介護をする場合その内容は多岐に渡ります。

 

もともとの介護という言葉は障害者の公的介護保証を要求する運動から表に出始め、そのときは介護とは障害者の日々のお世話や手助けをするという意味の言葉でした。

 

その後介護の中には老人介護や病人介護などのいろいろな介護が含まれるようになり、今日に至ります。

 

ではその老人介護の内容ですが、主なものとしては『日々の生活を送る上でのお手伝い』です。

 

ですので体が上手く動かなくなってしまった人には入浴や排泄のお世話、病院への付き添いや送り迎え、日々の食事の手伝いなどその内容は書ききれないくらいあります。

 

もちろん日々の生活のお手伝いですから、その中には介護を受ける老人が幸せで満ち足りた生活を送れるように気遣う事も大事です。

 

少し前から医療に『Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)』という考え方が取り入れられ、それが介護の現場にも生きてきました。

 

Quality of Life、略してQOLと言いますが、これはつまり『人が人間らしい幸福感の感じられる生活を送る事ができているか』という事を概念とし、生活の質を表す時の言葉として使われています。

 

老人介護の現場のQOLとは、その介護を受ける老人が介護を受けることによってQOLが高い生活を維持できることを目標とし、介護人は日々介護をしています。

 

そういう総合的な、老人の人間らしい物理的な生活や精神的な充足感を守るのが老人介護の目的なのです。

関連ページ

障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。