MENU

福祉住環境コーディネイターの資格取得方法

今回は福祉住環境コーディネイターの資格取得のお話です。

 

福祉住環境コーディネイターの資格は3級・2級・1級とあり、受験資格は特にありませんので勉強して福祉住環境コーディネイターの資格が欲しい!と思われている方ですとどなたでも受験ができます。

 

また順々に資格取得しなくとも、2級からの取得も可能ですし3級と2級の資格取得試験を同日に受験する事も可能です。

 

ですが1級は2級を持っている人でないと受験できませんので、1級を受験したいと思っている場合はまず2級から受験して2級の資格を取得してから1級の受験をして下さいね。

 

また福祉住環境コーディネイターの勉強方法としては通信講座と通学講座、独学の3つの方法があります。どの勉強方法を選ぶとしても、料金の問題や学習時間などのいろいろな長所・短所がありますので、自分の生活スタイルや性格、勉強の癖などを把握した上で勉強方法を選ぶといいでしょう。

 

勉強期間としては、通信講座や通学講座で勉強した場合で短くて3ヶ月くらい、長くても6ヶ月くらいですのでそう長くもなく勉強はしやすいです。

 

試験の問題内容も東京商工会議所の公式テキストを元に出されますので、そのテキストの内容をしっかり把握して、基礎知識を積みそれを元に応用力を育てるように勉強していきましょう。

 

では最後に試験日程ですが、3級・2級は年に2回試験があり両方ともマークシート形式の試験になります。1級は3級・2級より試験回数が少なく年に1回の試験で、試験形式もマークシート形式と記述形式の2つの形式を組み合わせた試験になります。

 

また試験の申込期間は約1ヶ月間ですので、申し込みを忘れてしまわないようにカレンダーなど目につくところにしっかり書いておきましょう。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。