MENU

社会福祉士の資格取得方法

今回は社会福祉士の資格を取得する場合のお話です。

 

社会福祉士は国家資格になりますので、国家試験を受験して合格しなければ資格取得はできません。また国家試験を受験する際にもいろいろな満たさなければならない受験資格があり、国家試験を受験するのも少々難しくなっています。

 

ではその受験資格ですが、まず卒業した大学によって満たさなければならない受験資格が変わります。

 

一番スムーズに受験資格が与えられる場合が『4年生の福祉系大学で指定科目を履修した場合』です。この場合卒業すると同時に受験資格が与えられます。

 

もしも福祉系大学で4年勉強したけれど指定科目を履修せず、基礎科目だけを履修していた場合は大学を卒業後短期の養成施設で6ヶ月勉強したら受験資格は与えられます。

 

基本的に社会福祉士になるための指定科目を4年間で履修できていればそれだけで受験資格は与えられますので、福祉系大学を卒業した方は自分が何年履修したか、指定科目を履修できていたかを考えて足りない部分を養成施設や相談援助実務で勉強や経験を積んでカバーすれば受験資格は与えられます。

 

また一般の4年制大学を卒業後社会福祉士を目指す場合は、相談援助実務を一年以上積んだ後一年以上一般の養成学校に通うと受験資格が与えられます。この場合も大学で学んだ年数によって相談援助実務の年数が変わりますので、注意が必要です。

 

そして福祉系の大学も一般の大学も行っていない方が社会福祉士を目指す場合は、相談援助実務経験を4年以上積み一般養成学校に一年以上通えば受験資格が与えられます。

 

このあたりの受験資格のお話は少々ややこしいので、自分が受験資格を満たしているかわからない方は財団法人社会福祉振興・試験センターのHPを見て自分の状況と照らし合わせてみることをオススメします。

 

最後に試験日程のお話ですが、社会福祉士国家試験は一年に一回、1月下旬に実施されます。受験申込書は前年の9月ごろ〜10月ごろの一ヶ月間の間に提出しなければならないので、受験希望の方は忘れないようによく目につく所に書いておきましょうね。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。