MENU

ケアクラークの資格取得方法

では今回はケアクラークの資格取得についてのお話です。

 

ケアクラークとは以前お話したとおり民間資格になり、資格取得はそう難しいものではありません。ですが資格取得には日本医療教育財団が実施している『ケアクラーク技能認定試験』に合格しなければならず、やはりそれなりの勉強は必要になります。

 

またケアクラーク技能認定試験を受験するための資格は『日本医療教育財団が認定しているスクールや専門学校でガイドラインに沿った教育課程を学んだ者』か『介護事務経験が6ヶ月以上ある者』に与えられますので受験するためにはどちらかの要件をクリアしていないといけません。

 

ですが実務経験はともかく、『日本医療教育財団が認定しているスクールや専門学校でガイドラインに沿った教育課程を学んだ者』という条件をクリアするためには通信講座や通学講座など自分の生活スタイルに合った講座を選んで受講するだけですし、受講期間もそう長くはありませんのでそんなに難しいものではありません。

 

ではそのケアクラークの試験日程ですが、一年に6回程あり実施の回数が多いので自分のスケジュールに合わせた試験の申し込みがとてもしやすくなっています。また試験内容では、筆記試験と実技試験の2つの試験があります。

 

実技試験では介護給付費明細書の作成があり、名前を聞くと難しそうに見えますがきちんと勉強していればそう難しいものではなく、あまり不安に思うことはないでしょう。

 

受験するときの申し込み手続きですが、受験申込書に受験料を添えて申請するので、この際は日本医療教育財団のHPを見て申し込み方法を確認するとわかりやすいです。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。