MENU

ケアワーカーの資格取得方法

今回はケアワーカーの資格取得の方法のお話です。

 

ケアワーカーは国家資格ですので、それなりの勉強をしなければ合格はできません。ですのでケアワーカーの資格を持っている方は、福祉系の専門学校や大学卒業後養成施設で勉強してケアワーカーの資格を取得した方が多いです。

 

養成学校や専門学校ですと卒業する際に養成施設協会が実施する全国の共通試験で合格しなければならないのですが、それに合格できれば国家試験を受けなくてもケアワーカーの資格を授与されます。

 

ですので今学生でケアワーカーの資格を取得したいと思っていたり、福祉系の職に就きたいと思っている方は福祉系の専門学校や短大・大学に入学して資格取得した方が後々楽ですよ。

 

ですが、すでに高校・大学を卒業して社会人になり、これからケアワーカーの資格を取得したいと思っている方は、資格取得への道は少しややこしくなります。

 

まずケアワーカーの国家試験を受験してケアワーカーの資格を取得する場合ですが、受験資格として『3年以上の介護分野での実務経験』が必要になりますので、受験する前に介護の分野で勤務をして実務経験を積まなければなりません。

 

ですのですでに社会人になっている方がケアワーカーの資格を取得しようとするなら、専門学校や大学・短大に入学して履修する(この場合共通試験はあるが国家試験はパスできる)か、実務経験を3年以上積んで受験資格を得た後国家試験を受けるかのどちらかの方法になります。

 

ちなみにケアワーカーの国家試験は毎年初めにあり、筆記試験・実技試験の2段階になっているのですが、合格率はそう低くはないのできちんと勉強しさえすれば資格取得は難しくありません。

 

ですので事前の勉強を怠らず、受験の申し込みを忘れず落ち着いて受験すればきっと嬉しい結果が待っていますので、頑張ってみて下さい。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。