MENU

ケアマネージャーの資格取得方法

今回はケアマネージャーの資格取得のお話です。

 

以前お話しましたが、ケアマネージャーとは『介護支援専門員』といい、ケアマネージャー試験とは『介護支援専門員実務研修受講試験』といいます。

 

ですので前回お話したホームヘルパーと違い、きちんとした試験がありそれに合格した人がケアマネージャーとして登録される事が出来るのです。

 

ではその試験の受け方ですが、まず受験資格として『医療・福祉・保健の分野で実務経験が5年以上の者』があります。ですのでケアマネージャーになるためには勉強もですが、上記の分野で働いた経験が必要になるのです。

 

そういったところから、ケアマネージャー試験を受ける人には今現在上記の分野で働いていて、働きながらの資格取得を目指している人が多いようです。

 

次にケアマネージャー試験を受ける際の勉強方法ですが、これには通信講座・通学講座・独学で学ぶの3つの方法があります。

 

ケアマネージャー試験の為の勉強に使うものは『介護支援専門員の基本テキスト』と『試験問題集』が主になりどの勉強方法を選んだとしても勉強する内容に変わりはありません。またこれらは市販されていますので、独学での勉強も可能になるのです。

 

ですが独学では勉強のスケジュールがたてくかったり、わからないところを質問できる人がいなかったりしますので、そういった所に不安のある方は料金は高くなりますが通信講座や通学講座を選ぶといいでしょう。

 

では最後に介護支援専門員実務研修受講試験の日程ですが、これは実施している各自治体が年度の頭から6月くらいまでにHPや市の広報などで発表しますので受験希望の方はチェックしておいて下さい。

 

また介護支援専門員実務研修受講試験は年に一回しかありませんので、試験を受けたい方はくれぐれも申し込みを忘れないで下さいね。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。