MENU

夜勤のあるなし

介護職についてのいろいろ、今回は『夜勤』のお話です。

 

介護職がきつい仕事だと言われることの要因の一つとして『夜勤』が挙げられます。人間の体はもともと日中に動く事を基本として出来ているので、夜勤などの深夜帯の勤務ですとどうしても体の負担が大きく、疲労も蓄積してしまいます。

 

ですが、介護職だからと言っても必ず夜勤があるわけではなく、夜勤の無い介護現場も存在するのです。

 

例えばデイサービスの場合です。デイサービスですと、言葉の通り日中の介護や介助の為のところですので、基本的に夜勤はありません。

 

また介護現場で働くにしても、実際に介護に携わるホームヘルパーやケアワーカーは施設にもよりますが、夜勤のある施設が多いです。ですがデスクワークが主になり実際の介護にはあまり携わる事のないケアマネージャーの場合は日勤のみの勤務が多いようです。

 

このように一口に介護職といっても、その働き方や職場によって勤務形態は変わり、夜勤のあるなしや同じ夜勤でも時間の長さ、仮眠のあるなしなど様々な勤務状況が変わってきます。

 

ですので介護職に就きたい思う場合は、まず自分が望む勤務形態を把握してその勤務形態で働けそうな資格を取得したほうがいいです。

 

例えば体力的な問題で夜勤が難しい場合はあらかじめ夜勤の少ないケアマネージャーの資格を取得する、などです。

 

ちなみに有料老人ホームなどで働こうと思う場合は、夜勤が可能な方を求められるところが多いので求人を探す際はそういったところもしっかり見ておきましょう。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。