MENU

福祉住環境コーディネイターの働き方

資格を取った後の働き方、最後は福祉住環境コーディネイターの資格を取得した後の働き方のお話です。

 

福祉住環境コーディネイターとは、体の不自由な方や体の自由の利かなくなってしまった高齢者の為に、自宅を住みやすくするためリフォームの相談や住宅の設計などを請け負う人のことをいいます。

 

ですので福祉住環境コーディネイターの資格を取得した後、その資格を活かしながら働こうと思うのなら主な職場に住宅のリフォームや設計を手がけている建築会社やリフォーム会社、施設内の居住環境やバリアフリーの整備を手がける為に福祉施設や介護施設、商品の企画・製造に資格が生かせる介護用品のお店や福祉機器のメーカーなどがあります。

 

また福祉住環境コーディネイターの主な仕事としての『住宅のリフォームや立替のプラン作り』は、一般の住宅だけでなく商業ビルや公共施設の建築の際にもとても役に立ちます。

 

最近はほとんどの建物がバリアフリーになっていて、古い建物の立替の時にもバリアフリーで建てることが多いのでそういう体の不自由な方でも楽に移動が出来る建物作りに福祉住環境コーディネイターの知識が必要とされるのです。

 

こういった点から福祉住環境コーディネイターは様々な職種で働く事の出来る、必要性の高い資格なのです。

 

また福祉住環境コーディネイターとして働く際はその仕事内容からパートタイムやアルバイトよりも正社員として勤務する事が多いので、正社員としての職を求めている人にもぴったりな資格になります。

 

最近は求人の中の正社員の募集は少なくなっていますので、このような役に立つ資格を取得して正社員としての働く先を見つけてみるのもいいかもしれませんよ。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。