MENU

社会福祉士の働き方

今回は社会福祉士の資格を取得した後の働き方のお話です。

 

社会福祉士とは以前お話したように、社会福祉に関する専門的な知識を有しその知識を持って福祉に関する悩みや生活上の悩みを持っている人の相談にのったり解決策を提示する者になります。

 

ですので社会福祉士の資格を取得し、その資格を生かしながら働きたいと思うのなら公営や民間の福祉施設の相談窓口や病院、市の福祉窓口や有料老人ホームなどの福祉に関係する事業を行っている施設で働くのが一番です。

 

また社会福祉士の活躍の場は上記以外にも多数あり、自分の働きたいと思う施設や事業所を見つけるのは難しくないかもしれません。それに社会福祉士はこれからどんどん需要が高まっていくことが予想されますので、安定して働く事を希望する方にはうってつけの職業でしょう。

 

ただ、社会福祉士は勤務先が幅広い事から勤務する施設や事業所によって仕事内容や勤務形態が変わりますので、勤務先を探す際には事前によく『自分はどんな仕事がしたいのか』『どんな勤務形態で働きたいのか』を考えておく事が大事です。

 

しかし基本として社会福祉士はデスクワークや窓口勤務が多いので、勤務時間は平日の7〜8時間と一般の会社勤めと同じような勤務形態になることが多いようです。

 

ですので社会福祉士はパートタイムやアルバイト、時短勤務よりも正職員で勤務している人が多く、社会福祉士の求人募集も正職員での募集が多くなっています。

 

以上が社会福祉士としての働き方になります。社会福祉士は様々な福祉分野でのエキスパートとも呼ぶべき存在ですので、その仕事内容も幅広く大変な部分も多いですが人々の役に立つ事ができる素晴らしい職業ですので、資格を取得したからには社会福祉士として頑張って活躍していって下さいね。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。