MENU

ケアクラークの働き方

今回はケアクラークの資格を取得した後の働き方についてのお話です。

 

ケアクラークは以前お話したように正式名称を『介護保健事務』といい、介護保健の制度を利用した際にかかった費用の請求をしたり金額の計算をしたりする人の事を言います。

 

ケアクラークのことをよく知らない方のためにわかりやすく例えてみると、ケアクラークとは医療事務の介護版のようなものです。

 

ですのでケアクラークの資格を取得し、ケアクラークとして働こうと思うのなら勤務先は老人介護施設や福祉施設、在宅介護支援センターなどの介護事業を行っている施設になります。

 

もしくはショートステイやデイケアを行っている病院での就職が求められる場合もあります。

 

またケアクラークはデスクワークなので、ホームヘルパーやケアワーカーのように直接要介護の方の日常生活の補佐をするわけではなく、事務作業が主になりますので体力に自身のない方や女性にオススメの仕事になります。

 

更にケアワーカーはその仕事の内容からパートタイムでの勤務や短い時間の勤務形態もあり、家族を持っている女性や子供のいる方には働きやすい職種であるといえるでしょう。

 

加えて介護分野はこれからの伸びが期待できる分野ですので、長期的に安定した仕事に就きたいと思っている方にもうってつけです。

 

ですのでケアクラークの資格を取得し、ケアクラークとして働こうと思うのならまず自分が希望する勤務形態で雇ってくれる事業者や施設を探してみましょう。

 

ケアクラークなどの介護分野での求人を載せているHPも今は沢山ありますし、介護分野は人材不足の所がまだたくさんありますので探してみればあなたの希望する勤務形態で雇ってくれる施設や事業所があるかもしれませんよ。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。