MENU

ケアワーカーの働き方

今回はケアワーカーの資格を取得した後の働き方のお話です。

 

以前お話したとおり、ケアワーカーとは正式名称を『介護福祉士』といい、国に認められた国家資格を持った介護のエキスパートとも呼ぶべき存在になります。

 

ですので、ケアワーカーの資格を取得した後の働き方としては介護の分野でその技術や能力を生かして働くのが一般的です。

 

ケアワーカーの仕事内容から考えてみても資格を生かす事の出来る仕事場は福祉施設や老人ホームなどの要介護の方の日常生活の補助が出来る施設が多くなり、よってケアワーカーの資格を取得した方は介護を一生の仕事として老人ホームや介護施設で働く方がとても多いです。

 

しかし介護施設といっても、施設によって勤務形態が違っていたり勤務時間が違っていたりしますので、就職先を探す際は自分の希望する勤務形態がある職場を探すといいでしょう。

 

ただ介護という職ですので、勤務時間は不規則であったり日祭日も勤務の場合が多い施設は多くなります。ですがその中でも公営の福祉施設や保健施設ですと施設の利用時間が決まっている所もありますので、その場合勤務時間もその施設の利用時間を基準として決められている場所もあり、普通の会社勤めと同じような勤務時間で働く事が可能な場合もあります。

 

ケアワーカーは主に要介護の方の日常生活の補助が仕事になりますので体力的にも過酷な場合が多く、自分の体を守りながら働くにはあらかじめ無理のない勤務形態が選べる働き口を見つけることが大事です。

 

ですので資格を取得して働く先を選ぶ時は自分が無理をしないで働く事のできる施設や事業所を選ぶようにしましょうね。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。