MENU

ケアマネージャーの働き方

今回はケアマネージャーの資格を取得した後、どんな働き方をするかのお話です。

 

以前お話したように、ケアマネージャーとは介護サービスを受けたい方の相談に乗り、要介護認定をしたり個人個人に合わせた介護プランをたて、その介護プランを実行に移すにあたり介護事業者や役所との連絡・調整を行う介護保険制度の中の中心的な仕事を受け持つ事が主な仕事になります。

 

ですのでケアマネージャーとして働くのなら働き口としては役所の福祉関係の窓口や介護施設、介護支援センターなどの介護を主に扱う施設になります。

 

しかしケアマネージャーはその勤務する施設にもよりますが、ホームヘルパーのよう直接要介護の方の日常生活のお手伝いをするというよりも、要介護の方たちが適切な介護プランを受けられているかなどのデスクワークや、要介護の方との介護プランの打ち合わせなどの仕事がメインになる事が多いので、介護施設内で働いていても直接的な要介護者との触れ合いは少ない方です。

 

そのようにケアマネージャーとは、デスクワークが主な所が多いのでヘルパーのように夜勤や当直があったり、日祭日の出勤があったりは比較的少ないほうで、常勤でも平日の勤務が多いようです。

 

ですが要介護の方や事業者との面談や相談を受ける場合に要介護の方や事業者が指定した日時にあわせることもあり、その場合は夜間帯の勤務や休日の勤務がある場合もあります。

 

それ以外に急ぎの面談が入ることもあり、そういう場合は勤務時間害に対応する事もあり、こういった点を見ると不規則な勤務形態であると言えるのかもしれません。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。