MENU

ホームヘルパーの働き方

今回は資格を取得した後の、実際に働く際のお話です。

 

まずホームヘルパーの資格を取得した後のお話ですが、ホームヘルパーとは日本語で言うと『訪問介護員』といい、字面だけ見ると介護が必要な方のお宅に訪問して日常のお世話や様々な手助けを行う、という意味に思えますよね。

 

確かにそれは間違ってはいなく、ホームヘルパーの資格を持っている人の中には訪問介護を仕事としてしている方もたくさん居ます。

 

ですがホームヘルパーの仕事はそれだけではなく、訪問介護以外の通所介護施設であったり公共施設であったりと、様々な施設でいろいろな仕事を任されています。

 

その中でもホームヘルパーの働き口として多いのが『デイケアセンター』『老人ホーム』などの通所介護施設になります。これらの通所介護施設はほとんどが正社員やパートタイムの常勤での働き方になり、フルタイムでの勤務を希望する方向けになります。

 

もしフルタイムでの勤務を希望しない場合は、事前に介護事業者に自分の希望する勤務日や時間などを登録しておいて、その登録内容に当てはまったお仕事が入ったら事業者から連絡をもらい勤務する、という非常勤の勤務形態もあります。

 

この場合お仕事内容的には通所介護施設でのお仕事よりも、訪問先で介護するという訪問介護としてのお仕事が多くなります。

 

どちらの勤務形態でも利点・欠点はあり、例えばフルタイムでの勤務ですと『拘束時間が長い』や『体力が必要』があり、非常勤の勤務ですと『仕事量のばらつきがある』が挙げられます。

 

しかしその反面利点としてフルタイムの勤務でしたら『安定した収入が見込まれる』、非常勤の勤務でしたら『自分の都合・体力に合わせた働きかたが出来る』があります。

 

ですのでホームヘルパーとして働く場合、自分の都合や体力を考慮しながら勤務先や勤務形態を選ぶといいでしょう。

関連ページ

老人介護
介護の種類で老人介護について紹介します。
障害者介護
介護の種類で障害者介護について紹介します。
病人介護
介護の種類で病人介護について紹介します。
デイサービス
介護サービスの種類でデイサービスについて解説します。
ホームヘルプサービス
介護のサービスの種類でホームヘルプサービスについて解説します。
常時介護が必要な場合のサービス
介護サービスの種類で常時介護が必要な場合のサービスについて解説します。
ホームヘルパー
介護現場で働ける資格の種類でホームヘルパーについて解説します。
ケアマネージャー
介護現場で働ける資格の種類でケアマネージャーについて解説します。
ケアワーカー
介護現場で働ける資格の種類でケアワーカーについて解説します。
ケアクラーク
介護現場で働ける資格の種類でケアクラークについて解説します。
社会福祉士の場合
介護現場で働ける資格の種類で社会福祉士の場合について解説します。
福祉住環境コーディネイター
介護現場で働ける資格の種類で福祉住環境コーディネイターについて解説します。
ホームヘルパーの資格取得方法
ホームヘルパーの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの資格取得方法
ケアマネージャーの資格取得方法について解説します。
ケアワーカーの資格取得方法
ケアワーカーの資格取得方法について解説します。
ケアクラークの資格取得方法
ケアクラークの資格取得方法について解説します。
社会福祉士の資格取得方法
社会福祉士の資格取得方法について解説します。
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法
福祉住環境コーディネイターの資格取得方法について解説します。
ケアマネージャーの働き方
ケアマネージャーの働き方について解説します。
ケアワーカーの働き方
ケアワーカーの働き方について解説します。
ケアクラークの働き方
ケアクラークの働き方について解説します。
社会福祉士の働き方
社会福祉士の働き方について解説します。
福祉住環境コーディネイターの働き方
福祉住環境コーディネイターの働き方について解説します。
きつい仕事という事を覚悟する
資格を取る前にきつい仕事という事を覚悟しておきましょう。
給料についてを知っておく
資格を取る前に給料についてを知っておきましょう。
補助制度を調べておく
資格を取る前に補助制度を調べておきましょう。
女性と男性の比率
介護職の女性と男性の比率について解説します。
夜勤のあるなし
介護職の夜勤のあるなしについて解説します。
休日はいつ?
介護職の休日はいつかについて解説します。