MENU

介護の資格メニュー記事一覧

介護というものの中にはいろいろな介護がありまして、その代表例が今回のタイトルである『老人介護』ではないかと思います。ほとんどの方が介護と聞いて思い浮かべるのがこの老人介護でしょうし、ニュースなどでよく取り沙汰されている『介護』の場合も老人介護を指す場合が多いです。ではその介護ですが、具体的にどういう事をするのでしょう?なんとなく日々のお世話や手助けをするというイメージですが、老人介護をする場合その...

先程は老人介護のお話をしましたが、今回は障害者介護のお話です。介護という言葉は始めは障害者介護を表す言葉として使われ始め、その意味が徐々に広がり老人介護であったり、病人介護であったりと、多岐に渡る意味を持ち始めました。ですが意味は増えても根本的な内容は言葉が使われ始めたときから変わらず、今でも昔と同じ意味で使われています。ではその中の『障害者介護』の内容のお話を始めます。まず障害者と一口に言っても...

介護の種類、最後に書きますのが『病人介護』です。病人介護とは言葉の通り、病気のせいで日常生活を自分だけで送ることが困難な人の日々のお手伝いをすることになります。ですのでその病気の内容によって介護内容も変わり、介護を受ける個人個人に合わせた柔軟性のある介護が必要になります。また病人介護ですと、看護と区別がつきにくい面があり、その場合特に注意が必要です。医療行為は看護士や医師の免許が無いとできませんし...

介護と一口に言っても、そのサービスの種類としてはいろいろなものがあり、とても幅の広いものです。介護サービスには大きく分けて3つ形態があり、自宅でいろいろなサービスを受けるものと、介護施設に通い様々なサービスを受けるもの、また施設に完全入所してサービスを受けるものという風に分かれています。その中でも今回は『デイサービス』と呼ばれる、自宅から介護施設に通い様々なサービスを受ける介護サービスの形態のお話...

介護サービスのもう一つ、今回は『ホームヘルプサービス』のお話です。ホームヘルプサービスとは字面でなんとなくお分かりかと思いますが、要介護の方の家に訪問して日常生活のいろいろなお手伝い、例えば入浴や食事の支度、排泄のお手伝いなどをホームヘルパーがするサービスです。ホームヘルプサービスの特長としては、施設に入所するよりも自分の家で生活を続けたいと思っている方の気持ちに沿うことが出来るように、という配慮...

今までお話したサービスはどちらも自宅に居住しながら受けることの出来るサービスでしたね。ですが今回は自宅での介護が難しい、常時の介護が必要な高齢者や障害を持った方の為のサービスのお話をしようと思います。まず高齢者の為の常時介護が必要なサービスとして、行政の管轄下にある『特別養護老人ホーム』があります。この特別養護老人ホームは常時の介護が必要な寝たきりや認知症などの高齢者の方が、介護保険の制度を利用し...

介護の現場で働く際には、いろいろな資格が求められる場合が多くあります。最近の介護現場では人材不足の所が多いため、資格や経験のない方でも就職できる施設も多くありますがそこで長く働こう、一生の仕事にしようと思うのならば仕事をしながらでも介護の資格取得は求めれます。ではそんな介護に携わるための資格ですが、これはとても多くの数の資格があるのです。そして今回はその中でも特に認知度の高い資格である『ホームヘル...

前回は介護施設で働く事の出来る資格として『ホームヘルパー』のお話をしましたが、今回は『ケアマネージャー』のお話です。介護に携わるための資格は近年どんどん増えてきていて、国家資格のほかに民間資格もたくさんのものが出ています。そして今回お話するケアマネージャーは、国家資格ではなく民間資格でもない『任用資格』に値するものなのです。任用資格とは、各都道府県知事が主体になって資格取得の為の試験を行うもので、...

今回は介護現場で働く事の出来る資格第3段、『ケアワーカー』です。以前介護現場で働く事の出来る資格には民間資格や国家資格などいろいろなものがあり、資格の数の多くのものがあるとお話しましたよね。今回お話しする『ケアワーカー』は国に認められた国家資格であり、福祉の現場で働く人材の中のエキスパートとも言える存在なのです。ではそのケアワーカーですが、これもまた正式名称が他にあり、正式名称は『介護福祉士』とい...

介護の現場で働くための資格、第4段『ケアクラーク』です。ケアクラークという言葉はまだあまり浸透していないこともあり、聞いた事のない方もいるかもしれません。このケアクラークとは正式名称を『介護保険事務』といい、介護保険制度を利用した際に費用を請求したり計算したりする事務処理をする人のことを言います。ですのでケアクラークよりも認知度の高い『医療事務』の介護版、といえばわかりやすいでしょうか。ケアクラー...

介護の現場で働く事の出来る資格、第5段『社会福祉士』です。社会福祉士とは昭和62年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法により認定された国家資格になります。今までご紹介してきた資格は『介護』を主とする職業に就く際の資格でしたが、社会福祉士はそれとは少し違い、社会福祉に関する知識を持って生活上の悩みがある方の手助けをするのが主な仕事になります。ですのでもちろん介護現場で働く際にもとても心強い資格なの...

介護の現場で働く事の出来る資格の最後は『福祉住環境コーディネイター』です。福祉住環境コーディネイターとは、あまり聞いた事のない方もいらっしゃるかもしれませんね。この福祉住環境コーディネイターという資格は1990年に東京商工会議所が認定した資格で、創設されてまだあまり時間の経っていない新しい資格になります。また福祉住環境コーディネイターとは、前述の通り東京商工会議所が認定している民間資格になりますが...

では今回はホームヘルパーの資格の取得方法のお話をしていこうと思います。まずホームヘルパーの資格の説明ですが、ホームヘルパーの資格は3級、2級、1級と3段階になっています。もちろん数字が小さくなるごとに位が上がっていきますので、この中で一番位の高い資格はホームヘルパー1級になります。またホームヘルパーには資格取得の為の試験がなく、試験に合格してから資格が授与されるという風にはなっていません。ですので...

今回はケアマネージャーの資格取得のお話です。以前お話しましたが、ケアマネージャーとは『介護支援専門員』といい、ケアマネージャー試験とは『介護支援専門員実務研修受講試験』といいます。ですので前回お話したホームヘルパーと違い、きちんとした試験がありそれに合格した人がケアマネージャーとして登録される事が出来るのです。ではその試験の受け方ですが、まず受験資格として『医療・福祉・保健の分野で実務経験が5年以...

今回はケアワーカーの資格取得の方法のお話です。ケアワーカーは国家資格ですので、それなりの勉強をしなければ合格はできません。ですのでケアワーカーの資格を持っている方は、福祉系の専門学校や大学卒業後養成施設で勉強してケアワーカーの資格を取得した方が多いです。養成学校や専門学校ですと卒業する際に養成施設協会が実施する全国の共通試験で合格しなければならないのですが、それに合格できれば国家試験を受けなくても...

では今回はケアクラークの資格取得についてのお話です。ケアクラークとは以前お話したとおり民間資格になり、資格取得はそう難しいものではありません。ですが資格取得には日本医療教育財団が実施している『ケアクラーク技能認定試験』に合格しなければならず、やはりそれなりの勉強は必要になります。またケアクラーク技能認定試験を受験するための資格は『日本医療教育財団が認定しているスクールや専門学校でガイドラインに沿っ...

今回は社会福祉士の資格を取得する場合のお話です。社会福祉士は国家資格になりますので、国家試験を受験して合格しなければ資格取得はできません。また国家試験を受験する際にもいろいろな満たさなければならない受験資格があり、国家試験を受験するのも少々難しくなっています。ではその受験資格ですが、まず卒業した大学によって満たさなければならない受験資格が変わります。一番スムーズに受験資格が与えられる場合が『4年生...

今回は福祉住環境コーディネイターの資格取得のお話です。福祉住環境コーディネイターの資格は3級・2級・1級とあり、受験資格は特にありませんので勉強して福祉住環境コーディネイターの資格が欲しい!と思われている方ですとどなたでも受験ができます。また順々に資格取得しなくとも、2級からの取得も可能ですし3級と2級の資格取得試験を同日に受験する事も可能です。ですが1級は2級を持っている人でないと受験できません...

今回は資格を取得した後の、実際に働く際のお話です。まずホームヘルパーの資格を取得した後のお話ですが、ホームヘルパーとは日本語で言うと『訪問介護員』といい、字面だけ見ると介護が必要な方のお宅に訪問して日常のお世話や様々な手助けを行う、という意味に思えますよね。確かにそれは間違ってはいなく、ホームヘルパーの資格を持っている人の中には訪問介護を仕事としてしている方もたくさん居ます。ですがホームヘルパーの...

今回はケアマネージャーの資格を取得した後、どんな働き方をするかのお話です。以前お話したように、ケアマネージャーとは介護サービスを受けたい方の相談に乗り、要介護認定をしたり個人個人に合わせた介護プランをたて、その介護プランを実行に移すにあたり介護事業者や役所との連絡・調整を行う介護保険制度の中の中心的な仕事を受け持つ事が主な仕事になります。ですのでケアマネージャーとして働くのなら働き口としては役所の...

今回はケアワーカーの資格を取得した後の働き方のお話です。以前お話したとおり、ケアワーカーとは正式名称を『介護福祉士』といい、国に認められた国家資格を持った介護のエキスパートとも呼ぶべき存在になります。ですので、ケアワーカーの資格を取得した後の働き方としては介護の分野でその技術や能力を生かして働くのが一般的です。ケアワーカーの仕事内容から考えてみても資格を生かす事の出来る仕事場は福祉施設や老人ホーム...

今回はケアクラークの資格を取得した後の働き方についてのお話です。ケアクラークは以前お話したように正式名称を『介護保健事務』といい、介護保健の制度を利用した際にかかった費用の請求をしたり金額の計算をしたりする人の事を言います。ケアクラークのことをよく知らない方のためにわかりやすく例えてみると、ケアクラークとは医療事務の介護版のようなものです。ですのでケアクラークの資格を取得し、ケアクラークとして働こ...

今回は社会福祉士の資格を取得した後の働き方のお話です。社会福祉士とは以前お話したように、社会福祉に関する専門的な知識を有しその知識を持って福祉に関する悩みや生活上の悩みを持っている人の相談にのったり解決策を提示する者になります。ですので社会福祉士の資格を取得し、その資格を生かしながら働きたいと思うのなら公営や民間の福祉施設の相談窓口や病院、市の福祉窓口や有料老人ホームなどの福祉に関係する事業を行っ...

資格を取った後の働き方、最後は福祉住環境コーディネイターの資格を取得した後の働き方のお話です。福祉住環境コーディネイターとは、体の不自由な方や体の自由の利かなくなってしまった高齢者の為に、自宅を住みやすくするためリフォームの相談や住宅の設計などを請け負う人のことをいいます。ですので福祉住環境コーディネイターの資格を取得した後、その資格を活かしながら働こうと思うのなら主な職場に住宅のリフォームや設計...

介護の仕事を一生の仕事とし、資格取得し介護の道を選ぶという決意は素晴らしいものです。介護は困っている人の手助けをするという、人間同士の温かみを感じる事のできる仕事であると同時に、人と人のつながりを大事にしその人の望むものは何なのか、どういった事をすればその人の為になるのかという事を自問自答し続けながらその道を進むある腫のストイックさのある、精神的にも肉体的にも負担の多い仕事です。介護職を選ぶ方の中...

介護職は一般的な認識上ではお給料が安いと思われているようです。確かに介護職では体力・精神力の要る現場も多く、その労働量を考えると一般的に公開されているお給料では高くはないかもしれません。では実際のお給料の平均を書いてみましょう。まずホームヘルパーです。ホームヘルパーではパートタイムや非常勤として働く方もたくさん居るのですが、ここでは正職員のお給料を書いていきますね。ホームヘルパーとして正職員で働い...

介護職に就くために介護の資格を取得するのはとても利にかなったことです。資格のあるなしで求人数も違いますし、雇う側の者としても介護サービスを受ける要介護の方からしても資格を持っていて介護について勉強している方ですと安心して介護サービスを任せることが出来るでしょう。しかし一口に資格を取得するといっても、そんな簡単な事ではありません。資格を取得するためにはそれなりの勉強が必要ですし、勉強にはお金もかかり...

介護職に就こうと思った場合、女性の場合特に悩まず資格を取得するなり就職先を探すなりして仕事に就くための準備をしますよね。しかし男性の場合少し事情が変わるようです。介護職や看護職はその職業が出来た昔から女性が職に就く事が多く、今でもそれはあまり変わっていないようです。特に看護職は少し前に従来の『看護婦さん』という呼び名から『看護士さん』に変わったこともあり、どんどん男性の看護士さんも増えてきているの...

介護職についてのいろいろ、今回は『夜勤』のお話です。介護職がきつい仕事だと言われることの要因の一つとして『夜勤』が挙げられます。人間の体はもともと日中に動く事を基本として出来ているので、夜勤などの深夜帯の勤務ですとどうしても体の負担が大きく、疲労も蓄積してしまいます。ですが、介護職だからと言っても必ず夜勤があるわけではなく、夜勤の無い介護現場も存在するのです。例えばデイサービスの場合です。デイサー...

介護職についてのいろいろ、最後は『介護職の休日』のお話です。介護職はほとんどの場合休日はシフト制です。介護という職業上、日祭日は介護は休みです、なんて言えませんし日祭日だからとって介護を必要としている方を放っておくことはできません。ですので介護の資格を取得し、介護の現場で働くのなら休日はカレンダー通りに取れる事はないと思っておいたほうがいいでしょう。しかし同じ介護というくくりの中でも介護の職種によ...